最近ではイメクラやデリヘルなど、さまざまな風俗店が増えていますが、風俗店の王道と言えば、ファッションヘルスやソープランドだと思います。

風俗のアルバイト求人のビーワークでは常にこのような仕事をたくさん用意しているそうです。

ファッションヘルスは、お客さんが気になる女の子のいる風俗店で、気に入った女の子を指名してサービスを受けるという一般的な風俗店です。

最近多い無店舗型の風俗店と違って店舗型なのでリピーターも多く、給料的には安定しているところが多い業種の一つですが、お店なので、何かあったら近く人店員さんがいるという安心感と、本番行為がないので、初めて働く人にはオススメの業種です。

特に、初めてという方は店探しが肝心。
悪い例は言わなくても想像できるので、単刀直入って言うと、風俗のアルバイトのお探しはこちらの風俗アルバイトビーワークがおすすめです。


豊満なナイスボディ


要する風俗の仕事は、給料が良い、エッチ好きならたくさんエッチのこともできるというメリットがある。
ビーワークでは風俗アルバイトしたい方のために、たくさん良い条件を出しています。

まず、給料が高い!
ビーワークの風俗仕事を応募し、入店して4ヶ月でもう月給80万の方もいる。しかも、日払いOK。
後は、出勤時間自由、ノルマ無し、掛け持ちOKなど、秘密を守ってくれるうえに、希望があれば寮も用意してくれるそうです。

ビーワークで働いている方から聞いた話ですが、ビーワークの前に何か所の風俗店で働いていたけど、どこでもこのような良い条件が揃えている店が少なかったので、転々と店を変えていた。
風俗の求人情報を探しているうちにビーワークのアルバイト求人を見て、こんな良い条件って本当?って半信半疑でビーワークの紹介した店で働き始めてから、もう店を変えてないし、変えたいとも思わないという。

正真正銘の口コミなので、風俗求人サイトの中ビーワークは相当働く方に優しいという点が分かったので、風俗のアルバイトをしたいなら、風俗アルバイト求人サイトビーワークで先ず自分に合う店を探した方がいいかもしれません。

ところで、ソープランドの方は昔からある風俗で、関東では東京の吉原、埼玉の西川口、千葉の栄町などが有名ですが、その中でも料金で高級店、大衆店、格安店にラング分けされていて、サービス内容もかなり多様化してきています。

やはり見た目で稼げる人と稼げない人がいるみたいなので、見た目に自信がない人はファッションヘルスの方が稼げるかもしれません。

一般女性の風俗アルバイトの休憩時間

最近では、太っている女の子を集めた風俗店や、ブスや熟女を集めたデッドボールなど、変わり種の風俗店が増えていて、マニア専門店と馬鹿にする人も多かったんです。風俗アルバイトの求人サイトビーワークでも、ぽっちゃりの方や30代オーバーの方も募集しているらしいです。

ビーワークの店は、実はかなりの熱狂的なファンに支えられていて、お店自体はどちらもかなり盛り上がっているようで、繁盛している店で働くことは給料ももちろん、良いです。これも風俗求人ビーワークの強みだと聞きます。

どちらもサービスの内容で見てみるとファッションヘルスのマニアック版といった感じなので、カテゴリー分けをするとファッションヘルスに分類されるのかもしれませんが、ファッションヘルスという言葉では言い表せないマニアックな面子でどうしてあれにお金を払ってまで行こうとする人がいるのか全く理解できませんが、罰ゲームなのか、マニアなのかわかりませんが、とにかく連日大盛況のようです。

容姿に自信がない方は、今はマニアックなお店もあるので時給の良い風俗店で、十分稼げる可能性が高いので安心してください!

風俗の仕事やアルバイトに興味のある方は風俗求人ビーワークを検索してください。



風俗といえば昔はお店に行くのが当たり前でしたが、最近ではデリヘル、ホテヘルが当たり前になっているので、待ち合わせ型の風俗も増えてきています。

通常のデリヘルは、ホテルなどで待機していて、そこに女の子を呼ぶというスタイルですが、この待ち合わせ型のデリヘルの場合は、駅前などで場所を指定して待ち合わせをして、そこから自宅やホテルなどに移動する際に、デート気分を味わえるという点が通常のデリヘルとの違いです。

通常のデリヘルよりは料金は若干料金は高めですが、デート気分を味わえることと、通常はホテルや自宅でしか会えない女の子と外で会えるという点が、普通の風俗と違って新鮮です。

肌白い女の子の体

自分が体験した時は、昼間にコンパニオンを指名し、待ち合わせで指定された待ち合わせ場所で待っているとスレンダーで美人な女の子が、声をかけてきたんですが、そこではじめましてと一般的な挨拶をかわして目的地のホテルに移動するんですが、待ち合わせ場所からは車だったので車に移動し、その車までの移動も手をつなぎながらだったので、まるで恋人とデートしているような感じで、ドキドキしながら会話を楽しみ、二人で歩いて移動しました。

なんと二人で歩きながら会話している会話の中で、プロフィールで見つけたパイパンについて質問すると、「今日もつるつるですよ?見ますか?」って言われて、思いっきり街中だったので、かなりドキドキしましたが、見ますかと言われて見ないわけもなく、

「見ます!!」と答えると、駐車場について周りから見えないことを確認した後に、スカートをめくりあげてくれて、そこから見えたのは、なんとパンツを穿いていなく、ノーパン姿の細くて真っ白な足と、その付け根にある綺麗でくっきりとした割れ目!!!まだホテルにもついていないというのに興奮はMAX状態で、そのまま周りに人がいないことをいいことに、彼女が「舐めていい?」というので、駐車場でフェラチオが始まってしまいました!

その後車で移動してホテルに着いてから楽しむんですが、正直、ホテル内での出来事よりも、ホテルに移動するまでの出来事の方が衝撃的で、こんなことが味わえるなら、また待ち合わせ型のデリヘル呼ぼうかなって思ってます。

うん!実に面白い!!



出合い系カフェっていうその魅力的な言葉の響きに惹かれて一度行ってみたんですが、いわゆる出会い喫茶とかトークカフェなどと呼ばれる男女が出会えるお店が出会いカフェです。

出会い系カフェは、店内は普通のインターネットカフェみたいな作りなのですが、女性はそこでインターネットやマンガを無料で利用することが出来るスペースで、通常のインターネットカフェとの違いは、壁がマジックミラーになっていて、別の部屋から男性が女性の顔や見れるようになっているところです。

そして男性客が気に入った女性がいれば、お店を通して、女性と個人的に話す部屋に誘導し、気が合えばそのままデートに行くことが出来る仕組みです。

女性からしたらインターネット使い放題、マンガ読み放題、ドリンク飲み放題なので、時間つぶしにもなるのでそこそこ人気があるのですが、もちろん本当の目的は、別にあるみたいで、援助交際目的の女性も多いみたいです。

セクシーな女子高生コスプレ

お店側の収入としては、男性客が入会時に支払う入会費、入店ごとに支払う入店費、女性とともに外出する際に支払う外出費で成り立っていて、風俗店と違って出会いの場として男女ともに人気があります。

まぁ外出した後は当然、人それぞれですが、店内で気に入った子と二人っきりで話すのも、特に風俗店とかではないので、ちょっとした安いキャバクラだと思えば割に合うんですが、風俗店だと思っていくのであれば、確実にやれるとも限らないので、そういう意味では割高に感じられるかもしれません。

こういうお店に来る女の子は、普段から軽く見られていて、お金を払えばやれると思われているような女の子が多いので、あまりそっち系の話はしないで普通に会話をして仲良くなった方が面白いと思います。

特に最近の若い女の子はLINEを教えることに何の抵抗感も無いので、電話番号をいきなり聞いても教えてはくれませんが、LINEであれば簡単に教えてくれるので、あまりぐいぐい行かないで、軽く仲良くなってLINEを聞く位が楽しいかもしれません。



ここ数年で急速に増えているのが秋葉原を中心に増えているニュータイプの風俗店。

思えば、女装メイドの居るお店「男の娘カフェ&バー NEWTYPE」や、メイドカフェなど新しい業態の風俗業界が注目するようなビジネスを始めるのは、最近は決まって秋葉原で、女子高生ブランドを売りにしたJKビジネスが急増したのも秋葉原だった気がします。

女子高生とエッチなことが出来る風俗店!なんて言ったら一発でアウトですが、女子高生と散歩するだけとか、リフレなどと言って、マッサージだと資格が必要になるので、無資格で出来るリフレとかいうよくわからないサービスで営業していたが、結局は裏に裏オプションがあって売春の隠れ蓑なのでは?という話でニュースにもなっていた。

このJKビジネスの中には「散歩」や「占い」や「カウンセリング」「添い寝」などがあって、オプションで性的なサービスがあるみたいですが、最近ではJKじゃなくて、普通にJK以外の若い女の子と「添い寝」出来る添い寝風俗店も全国に増えているみたいです。

妖艶なる美しい女体



「添い寝」が流行ったのはおそらく山崎紗也夏が2008年に発表した「シマシマ」という漫画がヒントになっていて、この漫画はのちに2011年、TBSの『Friday Break』枠でテレビドラマ化され、女が男をお金で添い寝依頼するという衝撃的な内容で、お金を払って添い寝というのが、ブームになったのは、おそらくこの漫画がキッカケだと思われます。

JKビジネスの添い寝に関しては、やはり若い女の子とイチャイチャしたいというJKブランドというのが一つ大きくありますが、もう一つはやはりその裏にある、裏オプション目当ての違法なサービスを売りにしている業者も多いんじゃないかな?と思う。

しかし最近増えている「添い寝風俗」に関しては、初めから添い寝をしながら手コキという、手コキ風俗の発展版で、添い寝はあくまでも雰囲気作りで、メインは手コキで抜くという、抜きをメインとしたサービスみたいです。

逆に漫画にあやかって女性向けの添い寝のサービスも面白いんじゃないかな?って思うけど、相当良い男を揃えないとビジネスとして成り立たない気がする。



よくAVを見ている人なんかではAV嬢を潮を吹かせて喜ばせるみたいな、テクニシャンなAV男優みたいなのが出てくるのを見たことがある人も多いと思う。

実際にはあれをされたいという女性もいれば、そんなことに興味あるなんてAVの見すぎでは?

なんて思われる可能性もあって諸刃の剣だったりするのだけど、実際にあれが、本当に気持ちが良くて出ているものなのか、ただ単におしっこを我慢して、刺激をされて出しているだけなのかは定かではないが、

一説にはあれはおしっこではないという話で、実際に仮に気持ち良くて出るものだったとしても、潮を吹いている人の全員がいわゆる本当に気持ち良くて出ている「潮」なのかは、正直ちょっと疑問だと思う。

もしかすればただ単に刺激されたことでおしっこをしたくなって、我慢できずおしっこをしただけっていう人も絶対いると思うし、
ある意味刺激を受けて気持ち良くなって出たのがおしっこだったとしても、気持ちいいってことと、刺激を受けておしっこを放出してしまう恥ずかしさとか解放感は、ある意味違った意味ではあっても、気持ちいいことには変わりはないから、そういう誤解もあるんじゃないかな?と個人的には思ってしまう。

風俗のセクシーダンスする風俗嬢

そんな男性でテクニシャンに憧れる男たちが身に着けたいテクニックである「潮を吹く」という行為は、何も女性だけじゃないらしく、男性でも潮を吹くというのだ!

その「男の潮吹き」を体験出来る風俗があるということで、吹かせてみたいという人も多いとは思うけど、逆に自分でも吹いてみたいという人も多いと思う。

女性の潮吹きについては、AVの世界で既に誰もが知っていますが、「男の潮吹き」は、実はあまりまだ知られてなくて、射精よりも気持ち良いとされるこの「男の潮吹き」は、前立腺マッサージでの「ドライオーガズム」の快感に匹敵するとも言われています。

「男の潮吹き」は一体どうやって吹くのかというと、主に射精したあとに亀頭の責めをやめず、責め続ける事で、無臭で透明な液体が勢いよく放出する状態の事らしく、中には数メートルも飛んでしまう人もいるそうです。

M性感というサービスを売りにしているお店で体験出来るので、是非気になる人はチャレンジしてみて下さい!!

おすすめは風俗サイトのビンビンウェブの店です。